グラップによれば、カリアティード(女像柱)は1881年以前のものである。以前というのは言い過ぎかもしれないが、1881年から1882年頃には間違いない。それは、ロダンが地獄の門の最初の像を作った頃である。地獄の門は、ミケランジェロの影響もあって、立体感というよりも、複雑で、非常に特徴ある像だった。しかし、この作品とは違って、カリアティードはあらゆる面から見ることができるように作られている。間違いなく顔があり、「内なる声」や「瞑想」(共にロダンの作品)に頼らず、その螺旋状の構図で、カリアティードは、観る者に彼女の周りをまわるように強く促す作品の1つである。彼女は「うずくまる女」にも非常に近いが、ロダンは自身であえて、2つの像の間に混同を作り出している。

1883年、リベラル・アーツ時代のパリ・ヴィヴィエンヌ通りで、「無謀なものを押しつぶす星たちの神秘をあまりにも綿密に見たことへの幻滅のような、悲しみと絶望の深い挫折感を表現している、星が発する重圧の下でうずくまっている生き物によって表現された、見事な体つきをした大理石」が発見された。

この像は、1886年にジョルジュ・プティ・ギャラリーでアンドロメダとうずくまる女を含む「疲れた女性たち」のグループにも再び現れている。

同じく展示された「私は美しい」と同じように、この像はボードレールの詩を「碑文で」身に纏った。「深い孤独の中で/後悔しながら咲き乱れるたくさんの花/秘密のように甘い香り」この碑文は、詩「ギニヨン」(悪の華、11)の最後の行に対応している。その最初にある、「この重たいものを持ち上げるために、シシフス、あなたの勇気が必要だ!」という部分は、「この活気に満ちた体は絶望している、私はどんな神秘性も必然性も知らない飾り迫縁のカリアティードなのだ」ということをより強く思い起こさせる。そういうわけで、ジャーナリストのエミール・ミケレの筆により、カリアティードという用語は、わずか10年後には1897年のサロンのタイトルとして採用されるようになったようだ。

カリアティードそのもののコピーは非常に多く、バートレットが1889年からよく言っていたことは、「ロダンは彼女の取り巻きのように、カリアティードが彼の最高の作品の一つだと考えていたんだ」。その後、彼は何種類かのカリアティードを作った。1900年以降、石のカリアティードに、壺を持ったカリアチドのペンダントを付けた。これは石が壺に置き換えられたことを除いてほとんど同じで、彼は天使の堕落などのいくつかのアッサンブラージュの中でそれを使用した。

それにもかかわらず1900年に円形台へと置き換えられたコリント式柱頭の頂上に置かれた時は石膏像だった。その後、ロダンは「うずくまる女」を大きくし、1909年のサロンドートンヌで展示した。壺をもつカリアティードと同様に、本物の石のカリアティードと同じやり方を試そうとさせた、この「偽」カリアティード(なぜならプレス向けの像のタイトルだったのだ)との出会いがおそらく良い結果をもたらしたのだ。アンリ・ルボッセが1911年以前に、この像の巨大化に着手している。

お問い合わせはこちら