このブロンズの主題は、オウィディウスの「変身物語」が元になっている。バルカン人が初めて女性の彫刻を制作した際、ピグマリオンは、神が創造したこの像に恋をし、アフロディーテにこの像を本物の女性に変えてくださいと懇願した。

ロダンはポール・グゼルに、これら作品グループの最初のポイントは、「ミノタウロス(1886年頃)」だったと説明している。年代は不明だが、彼は、女性や「ミノタウロス」の牧神といった習作のアッサンブラージュを制作することを決めて、女性像に十分な空間を作るために牧神の左脚を取り除き始めた。

それから牧神の角も取り除き、腕の位置を変えた。次の段階は、大理石に最初の制作を施している間、牧神の偶蹄が人間の足に取って代わられた時に行われた。最終的には、大理石への2回目の制作中に、ガラテアの体は、両脚についてはほとんど粗く仕上がった状態で、部分的には完全な彫刻の様相となった。

ロダンは、この象徴的な自画像(珍しく発展の歴史が保存されている)を通して、自分の創作者としての神性を表した。

お問い合わせはこちら