アートを学ぶという「プレミアム自己投資」があなたに必要な理由

2018年に「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?」という書籍に出会い、

「美意識がこれからのVUCAワールドを航海する上での羅針盤」となることを確信するに至りました。

そして、

「思考」よりも「感性」「直感」「直観」といった「感じるチカラ」を取り戻していくことが、

未来の世界をよりよく生きていくための処方箋であり、「これからの日本人にとって必要なこと」と思い開発したのがこのプログラム。

2018年夏から5回にわたって開催してきました。

ありがたいことに私の初めての試みに共感してくれて、こんな方々が受講してくださいました;

会社を辞めて次のステージを模索していた時に講師である私に出会う。アートの魅力を知り、本格的に学ぶことを決意した30代男性

 

海外旅行が大好きで旅行代理店に就職。旅先では美術館をめぐったけれど、当時はイマイチ何が良いかわからなかった。そしていまもう一度、アートの世界を学ぼうと決意した40代女性

 

演劇や自分を表現することが大好きだったけれど、大手日系メーカーに就職。一度はポケットにしまいこんだアートという名の表現の世界を、いま改めて覗きたいと踏み出した50代女性

 

金融関係でマネージャーを務め部下の育成に力を注ぐ一方、幅広い趣味を持って日本中を飛び回るエリート。「次の教養」としてアートを学びたいと受講を決めた30代女性。

 

高校で英語を教える女性教師。学生時代、もともと美術部に所属し、アートが好きだった。いまこのタイミングで再びアートに触れることができる喜びを存分に味わっている30代女性。

 

私がこのアートプログラムを開発した当初に意図していたのは、

「教養としてのアート」=「知的財産」に対する学びへの投資を行うことで、

「自分を助けてくれる知恵という名の資産を構築すること」

でした。

実際、いま受講者のBefore/Afterをみて思うのは、以下のことです;

自分の特徴を理解すること:アートを通じて、自分が何者かを知り、「自分軸」を形成している

感情を味方につける方法を体得:アートを鑑賞し意見交換することで「感情の正体」を知り、「感情マネジメント」の方法を体得している

決断力・行動力を高める方法を体得:いままでは良いと思っていても行動に移せず、悶々としていたけれど、アートを学ぶことを通じて「決断力」「行動力」が高まっている

人に上手に説明する技術を体得:自分が感じたことや思ったことを人に論理的に説明できるようになる

人に上手に質問する方法を体得:他人の良さを引き出す思考や感覚

など、アートを学ぶことを通じて知識を深めていくことにより、

受講してくださった方々の「人間としての基本的な能力」がパワーアップされていっていることを実感しています。

実際、以下のような感想をいただいています。

 

受講者からの感想

 

●30代女性・看護師

「アートを学んで、それを生かして、
現実に落とし込んでいくなんて、
私には思いも寄らない展開でした。」

動画での感想はこちら

↓↓↓

https://youtu.be/ctag_Ok_zwM 

「モネを知れてよかった。人が変われる瞬間(自分を認識していく瞬間)をみれて嬉しかった。私は今日はよくしゃべった。
感覚的なことと論理的なことのバランスがとても快かった。」

 

●30代男性・元介護関係勤務

「他の人の見方を聞いて、自分自身の見方も2Dから3Dに変わっていきました」

動画での感想はこちら
↓↓↓

https://youtu.be/g-uI1BAzqg8 

「これまでの3回のセミナーを通じて、自分を含め、参加者全員が明らかに変化していることが感じられる。アートを見る力、感じる力、表現力の向上を肌で感じるので、自分の成長が楽しいです。第三者の価値観を共有することで新たな価値観が芽生え、物事を多角的に見ることができるようになってきました。 」

 

●30代男性・投資ディーラー

モネの生涯を通じた作品の見方が印象に残った。特に人生の終末期の3枚。
時間をかけて一人の作家の作品を、みんなの意見を聞きながら見ることで、深さや幅が広がりました。お一人お一人で、好きな色や表現方法などが全く違い、例えば、顔が見える絵のほうが良いとか、そういった意見が面白かったです。
また、講師の堀越さんのコメント力がレベル高すぎてビックリしました。さすがです。新しい視点を与えつつ、サポートしつつ、ポジティブで。要約も上手だと思いました。

 

●50代女性・一部上場メーカー勤務

生まれて初めて、アートが生きていると感じることができました。それだけでとても幸せな時間だったと思えるほどに、自分の変化を心が喜んでいます。
自分で悩みだと思っていることは、案外思い込みだったりするなと教えてもらったり、自分で気づくこともあったり、頭もフル回転、心もフル稼働の1日でした。共に歩む仲間に支えられてここにいる幸せ、多分これが一番です。
絵を一枚一枚見ながらの全員でのダイアローグはとてもゼイタクでした。毎回は難しいかもしれませんが、またやってほしいです。

 

 

私は社会人になってから、

新卒で入社した会社が投資してくれたおかげで、

日本で最も優れた研修や一流講師のセミナーを、

数多く体験させてもらってきました。

それは、

ファイナンス・アカウンティングやロジカル・シンキング、マーケティングなどのMBAの内容に始まり、

コーチング、コンサルティング、ファシリテーションなどのテクニック、

そして、

中小企業経営に関する分野や、

スピリチュアルや哲学、感情、エネルギー、量子物理学、心理学まで、多岐にわたってきました。

1日100万円以上する研修などもありました。

これらを受講することを通じて、

「日本最高の研修セミナーというものがどんなものか」を身をもって知ることができました。

そのような経験と、私の事業の特徴であるアート、

さらには、いまの社会の時流(感性や美意識が重要とされる世の中)を踏まえたとき、

「アート(感性・美意識)と実世界(生き方)を結んだ新しい形の、人の魂に響くコンテンツをつくりたい」

という思いが湧き出てきました。

しかし、

「一体全体、このセミナーコンテンツを世に出したとして、

受講してくれる人はいるのだろうか・・・」

という不安も隣り合わせでした。

それが、

2018年、5回にわたる初めての試みを、

延べ40名ほどの方々に参加していただき、

満足度100%で終えることができたこと。

改めて感謝したいと思います。

 

2019年4月〜第2クール開講!

さて、第二クールが4月〜開講しています。

次回はギュスタフ・クリムトを扱います。

***

●日時:

5月18日(土)10:00〜18:00

●場所:

JR山手線「大崎駅」より徒歩3分の場所

※昨年セミナーを行っていた場所です。

 

●料金:

29800円

 

***

 

ご参加希望の方は以下よりお問い合わせくだされば幸いです。

お名前(必須)

ご職業(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

お問い合わせ内容(必須)

お問い合わせ内容詳細(必須)

 上記内容にて送信します。よろしければチェックを入れてください。

また、最新のセミナー情報や教養としてのアートについての情報をメールマガジンで発信していますので、よろしければ以下よりご登録くださればと思います。



【10,000文字・決定版】ゼロから分かる!「個展の開き方」を解説!
アートとデザインの違いとは?