何を感じるかは自由。 でも、見方に正解有り。

 

「美術を理解するためには感性が必要」

はっきり言って、これは誤解です。

 

西洋美術を本当に理解するためには、
「情報」や「知識」が不可欠です。

 

深く読み解ければ、1つの作品から
感じられることが増え、より美術が楽しめます。

 

「でも、どうやって美術を読み解けばいいの? 」

 

こういったお悩みを持つ方に、

著書「論理的美術鑑賞」でご紹介している、

今すぐ実践できるフレームワークを使った鑑賞法を、

全7回の動画講座として解説してまいります。

 

見るべきポイントがわかり、どんな作品でも

自分で読み解けるようになります。

 

美術を深く理解することで、感性も磨かれます。

感性を高める「美術の見方」を手に入れませんか?

 

【こんな人におすすめ】

・「美術を深く見られない」と感じている人
・美術をもっと楽しみたい人
・感性を高めたいビジネスパーソン

 

【全7回の動画講座の内容】

第1話:立体的美術鑑賞法ができた背景

第2話:基本の「3P」を整理して作品をざっくり理解する

第3話:「作品鑑賞チェックシート」でありのままに作品を捉える

第4話:アーティストが生きた軌跡をたどる「ストーリー分析」

第5話:「3K」で美術業界の構造を把握する

第6話:「A-PEST」でアートヒストリーを時代背景から理解する

第7話: 立体的美術鑑賞法の全体像とセミナーについて

 

【開発者紹介】


堀越 啓(ほりこし・けい)
株式会社SDアート 代表取締役

彫刻家と交流がある家で育ち、
彫刻家・佐藤忠良氏より命名される。
上智大学卒業後、大手一部上場メーカーにて、
企画畑を歩み、主に海外案件を担当。

2012年、SDアート入社。2015年、代表取締役就任。

「フリオ・ゴンサレス展」「新宮 晋の宇宙船展」など
全国美術館での展覧会の企画や、富山県美術館の三沢厚彦
作品設置プロジェクト、「真鶴町・石の彫刻祭」の企画・
運営など、自治体や企業へのコンサルティング事業を展開。

2018年から開始した美術鑑賞セミナー「ゼロからわかる!
世界の巨匠から学ぶアート入門プログラム」は、
のべ150名以上が受講し、現在も満足度100%を継続中。

2020年5月に発売した著書「論理的美術鑑賞」は、発売後

三ヶ月で3刷し1万部を突破。Amazonカテゴリー別で1位

を獲得。台湾や韓国でも翻訳され、出版予定。