judge-img

佐藤忠良(1912年7月4日 – 2011年3月30日)。

日本を代表する彫刻家の一人として知られています。

 

宮城県美術館の佐藤忠良記念館には佐藤忠良作品600点あまりが収蔵

宮城県出身の佐藤忠良は、特に、宮城の方々には「忠良さん」と呼ばれ、県民に親しまれています。

宮城県美術館には、「佐藤忠良記念館」が設けられており、約600点の彫刻作品が収蔵されています。

また、他にも、滋賀県の佐川美術館の佐藤忠良館、札幌芸術の森「佐藤忠良記念子どもアトリエ」などを始めとして、国立近代美術館、国立国際美術館など日本全国各地に佐藤忠良の作品が収蔵、展示されています。

bukznaocyaeeud

(宮城県美術館、カンカン帽)

終生の友でありライバル「舟越保武」との出会い

佐藤忠良は、画家になるため上京しますが、ロダンやデスピオなどの彫刻に影響を受け、彫刻家に転向します。
1934年、東京芸術大学彫刻科に入学しますが、このとき、終生の友でありライバルになる「舟越保武」と出会います。

二人の作風は、具象彫刻ではあるものの、佐藤の作品が動的で時間の流れをブロンズに込めたのに対して、舟越は、キリスト教を題材にした聖母や女性像といった、非常に優美な表現を追求するなど、良い意味で異なっていました。
二人の友情は、舟越が亡くなるまで、生涯を通じて続きました。

 

img_0984

(舟越保武、26聖人殉教者像、長崎県」)

 

※舟越保武については以下のブログを参照ください ↓

彫刻家 舟越保武/舟越保武の彫刻の魅力

 

1952年、群馬の人が脚光を浴び、彫刻界のスターへ

大学卒業後、本郷新や柳原義達などの佐藤忠良の兄貴分的な存在の彫刻家たちとともに、新制作協会の彫刻部門を設立するなど、新たな時代をつくる動きを加速していきます。

しかしながら、一方で戦火に巻き込まれ、召集されるとともに、結果、シベリア抑留を経験し、1948年にようやく日本に帰還します。これ以降、佐藤は本格的に制作を再開することになります。

そして、1952年制作した群馬の人が一躍脚光をあびることになります。
pc170392

以下、宮城県美術館HPから引用した群馬の人の文章です。

少年時代から終戦後にかけて多くの群馬県人と関わりを持ったのちに、知己となった群馬出身の詩人、岡村喬をモデルとしてこの首が誕生しました。一般にこの作品は「日本人による日本的日本人の最初の表現例」と言われます。それは、ヨーロッパ彫刻(最初はイタリアの、後にロダンを中心としたフランスのもの)を学ぶことから出発した日本の近代彫刻史の上で、その影響を払拭し、質朴な市井の日本人の姿の本質を簡潔に表現しているからにほかなりません。その意味で、この首は岡村、そして群馬の人の像である以上に、典型的・象徴的な日本人の顔であるといえるでしょう。

(宮城県美術館HPより抜粋http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/mmoa-collect043.html)

それまで西欧的な表現に終始していた作品から脱却し、日本人による日本人らしい彫刻だと注目を浴び、これ以降、佐藤忠良が彫刻界の中心人物となっていきます。

ここに、戦後の、日本彫刻の近代が、ようやく幕開けたのです。

 

佐藤忠良の作品

これ以降、佐藤は、イタリア彫刻の影響を受けて制作した「うずくまる裸婦」が、国家買い上げとなり、国立近代美術館に収蔵されます。また、釧路市の幣前歯には、本郷新、柳原義達、舟越保武らとともに、道東の四季を制作し、パブリックアートの草分けとなります。

rafu-600x661

うずくまる裸婦

%e5%a4%8f1

道東の四季・夏

 

そして、1970年代に入ると、佐藤忠良の代表シリーズである、帽子シリーズを制作するなど、日本人彫刻家の第一人者となっていきました。

4-3boushianatu

帽子・夏

pc170379

帽子・あぐら

ちなみに、帽子シリーズのモデルは、佐藤忠良の愛弟子でもあり、制作を長年にわたってサポートしてきた、彫刻家 笹戸千津子です。この彫刻家についても以下で紹介していますので、ご覧になってください。

彫刻家 笹戸千津子 / 佐藤忠良イズムの継承者

佐藤忠良の生涯 2011年、98歳で死去

1981年には、アジア人として初めて、フランスのロダン美術館で個展を開催しました。

その時の様子を佐藤忠良は以下のように語っています。

「パリの市立美術館で個展を開かないかという話があるのですが』アトリエで電話をとった私は、初めだれのことかわからずに聞き返したが、私の個展と知って、ウソのようだが、ガタガタと足が震え始めた。

そのあとで話はさらに大きくなって、会場もロダン美術館の教会風の別館でということになった。それこそご先祖さまの屋敷内であり、日本人はもちろん初めてだという。私にとっては奇跡のような話で、日々高まる緊張の度合いも並みたいていではなかった。

(佐藤忠良自伝 つぶれた帽子より引用)

そのほか、ニューヨークのウィルデンシュタインギャラリーで個展を行うなど、世界的なギャラリーでも大変好評を博し、日本を代表する彫刻家となっていきました。

そして、その後も精力的に制作を続けました。特に、毎日のデッサンの習慣は欠かさなかったと言います。

佐藤忠良は、「おおきなかぶ」の絵を描いた作家としても広く認知されているようで、その手が生み出す作品は人々に愛されています。

そして、東日本大震災直後の3月30日にその生涯を閉じました。

実は私は、佐藤忠良先生に命名していただきました。毎年のようにアトリエに訪問していましたが、亡くなる直前にもアトリエにうかがいました。
お元気そうなお姿で、いつもながらご冗談を飛ばしている姿を今でも思い出します。

 

生誕100年/追悼 彫刻家 佐藤忠良展

2011年に亡くなってから約2年後、弊社が企画する「生誕100年/追悼 彫刻家 佐藤忠良展」を4美術館(佐川美術館、北海道立旭川美術館、宮城県美術館、札幌芸術の森美術館)で開催し、多くの方にご来場いただきました。

佐藤忠良という彫刻家がいかにして日本彫刻の近代を形成してきたかを、今一度総覧する機会となりました。

佐藤忠良の出身地である宮城県、そして、一時期を過ごした北海道、更に、佐藤忠良の作品群を多く所蔵する佐川美術館。

佐藤忠良という彫刻家が日本全国で大きな影響を与えてきた足跡を再度見つめ直したこの生誕100年展。

多くの人たちに見守られた展覧会となりました。

sato

SCM3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時の展覧会カタログについては、以下のリンクより購入可能です。

生誕100年 彫刻家 佐藤忠良

 

多数の屋外空間における作品設置例(パブリックアートとしての佐藤忠良)

最後に、佐藤忠良の功績のひとつとして、野外彫刻(パブリックアート)があります。

佐藤忠良が活躍した20世紀の後半は、日本にとってはバブル期にあたり、大変多くのブロンズ彫刻が野外空間に進出した時期でもあります。

これは街づくりの方法として、都市空間に芸術を盛り込み、街としての景観の美しさや調和を通じて、人々の精神的な豊かさを実現しようというムーブメントが大きくなっていきました。

その最も成功した例として、仙台市彫刻のある街づくり事業があります。この一環として、台原森林公園には、第1期の第一号作品として、佐藤忠良作の緑の風が設置され、周辺環境と見事にマッチした素晴らしい景観をつくり出しています。

%e5%8f%b0%e5%8e%9f%ef%bc%92

仙台市彫刻のある街づくりの詳細は以下を参照
http://www.city.sendai.jp/manabu/bunka/tenji/1296.html

その他、全国各地の野外スペースに、佐藤忠良作品が残っています。「彫刻公害」などと揶揄されることもありますが、今後も、街中に展示されている彫刻たちが、ふっと人々の目に止まり、そして、つかの間の癒しを届け続けてほしいと思います。

bywabfwcyaa6mrgb5vwvv7ccaihnvz

(川村DIC美術館前、大分県庁前)

 

SDアートと佐藤忠良の関わり【佐藤忠良作品の販売・購入・買取・査定】

SDアートは彫刻家 佐藤忠良と深く関わってきた歴史があります。

弊社の顧問 堀越誠とは、1970年代の彫刻黎明期から、二人三脚で彫刻の仕事をしてきました。

仙台市の彫刻のあるまちづくり、ロダン美術館での佐藤忠良展、全国美術館における佐藤忠良展などなど、本当に多くのプロジェクトを手がけてきました。

また、わたしの名前、「啓」は佐藤忠良先生に名付けていただきました。

佐藤忠良先生のことは、弊社が日本で最も詳しい会社と言えるのではと自負しております。

作品の査定や、買取、購入、販売については弊社までお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

「佐藤忠良作品を購入するほどではないけれど、

何か小物でも欲しいなー!」

という方もいらっしゃるかと思います。そのような方は以下を覗いてみてください。

 

◆佐藤忠良・ブローチ購入

https://choukoku.thebase.in/
20150214art-30336web20150214art-30341web

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐藤忠良 <略歴>satoworks

  • 1912年 宮城県に生まれる
  • 1939年 東京美術学校彫刻科塑造部卒業。制作派協会彫刻部創立に参加
  • 1960年 第3回高村光太郎賞を受賞
  • 1974年 第15回毎日芸術賞を受賞。昭和48年度芸術選奨文部大臣賞を受賞
  • 1975年 第6回中原悌二郎賞を受賞
  • 1981年 フランス国立ロダン美術館の要請で、『佐藤忠良』展を開催、渡仏
  • 1982年 個展(ニューヨーク・ロンドン)、ローマ・アカデミア・ディ・サン・ルカ会員
  • 1989年 昭和63年度朝日賞を受賞
  • 1990年 宮城県美術館に[佐藤忠良記念館]開館
  • 1991年 第41回 河北文化賞受賞
  • 1995年 宮城県大和町ふれあい文化創造センター[佐藤忠良ギャラリー]開設
  • 1998年 滋賀県守山市に佐川美術館〔ブロンズの詩 佐藤忠良館〕開館
  • 2008年 札幌芸術の森野外美術館[佐藤忠良記念子どもアトリエ]開設
  • 2011年 3月30日、東京都杉並区のアトリエにて逝去。享年98(歳)
  • 2012年 生誕100年佐藤忠良展開催。
コミッションワークとは?/コミッションワークの実現方法
彫刻家 笹戸千津子 / 佐藤忠良イズムの継承者