IMG_2987

 

弊社の仕事の中でも重要なのが「アートコーディネート」の仕事があります。

場所に合わせてオーダーメイドで彫刻を制作し設置することを「コミッションワーク」と呼びます。

弊社は、特に、彫刻作品の選定と設置を手がけています。いわゆる「彫刻専門のアートコーディネーター」です。

 

これまで、

  • 「仙台市の彫刻のあるまちづくり」などの「彫刻と町づくり」
  • 「札幌芸術の森・野外美術館」や「霧島アートの森」といった「野外彫刻美術館」
  • 「真鶴町・石の彫刻祭」といった芸術祭

など、30以上のコミッションワークに関わるプロジェクトを手掛けてまいりました。

 

そんな中で、弊社の代表的な事例が、2017年に新たに建築された「富山県美術館」の屋外彫刻設置についてです。

 

富山県立近代美術館の老朽化に伴う新美術館「富山県美術館」建設プロジェクト

IMG_0850

 

近代美術館は、1981年に建築され、素晴らしいコレクションを所蔵する美術館のひとつとして、30年以上が経過。老朽化に加え、現状の耐震基準に合致しないなどの理由から、新たに美術館が建築されることになりました。

 

新たに、富山駅の運河に計画されたのが、日本を代表する建築家のひとり、内藤廣氏が建築した新美術館でした。その結果、無事、2017年夏に全面開館を迎えました。

 

開館から遡る事3年。

この新美術館の目玉として、シンボルモニュメントの設置について、検討が開始。

私たちは、その美術館の顔となるモニュメントをの選定・設置について、富山県美術館と共に検討を開始しました。

 

作家の選定〜実現まで

IMG_0845

 

彫刻家の選定にあたっては、以下の順番で検討が行われます。

 

・世界中の彫刻家やアーティストを専門家とともに数十候補を洗い出し
・委員会等で、条件やビジョン等に合致する作家を絞り込み
・作家を決定する

 

以上のような方法で作家が選定されます。

 

結局、このプロジェクトについては、彫刻家・三沢厚彦氏に決定しました。

 

4体のクマとハクタカ

IMG_2993

IMG_2988

IMG_2438

 

hakutaka

 

結果、合計3体のクマと、ハクタカが屋外に設置され、1体の木彫クマが室内に展示されるに至りました。

 

今や富山県美術館のシンボルとして多くの子供達に親しまれる存在となり高い人気を得ています。

小池緋扇の人形ワンダーランド / 人形アーティスト小池緋扇とは?
彫刻家アリスティド・マイヨールの魅力とは?