アートはなぜ必要か?

この問いに対してのひとつの答えを、先人が示してくれていますので、ご紹介します。

彫刻家・佐藤忠良さんの言葉です。

 

・・・・・・・・・・・・・

美術を学ぶ人へ 佐藤忠良

 

美術を学ぶ前に、私が日ごろ思っていることを、みなさんにお話します。というのは、みなさんは、自分のすることの意味 なぜ美術を学ぶのかという意味を、きっと知りたがっているだろうと思うからです。

私が考えてほしいというのは、科学と芸術のちがいと、その関係についてです。

みなさんは、すでにいろいろなことを知っているでしょうし、またこれからも学ぶでしょう。それらの知識は、おおむね科学と呼ばれるものです。科学というのは、だれもがそうだと認められるものです。

科学は、理科や数学のように自然科学と呼ばれるものだけではありません。歴史や地理のように社会科学と呼ばれるものもあります。

これらの科学をもとに発達した科学技術が、私たちの日常生活の環境を変えていきます。

ただ、私たちの生活は、事実を知るだけでは成り立ちません。好きだとかきらいだとか、美しいとかみにくいとか、ものに対して感ずる心があります。

これは、だれもが同じに感ずるものではありません。しかし、こういった感ずる心は、人間が生きていくのにとても大切なものです。だれもが認める知識と同じに、どうしても必要なものです。

詩や音楽や美術や演劇―芸術は、こうした心が生みだしたものだといえましょう。

この芸術というものは、科学技術とちがって、環境を変えることはできないものです。

しかし、その環境に対する心を変えることはできるのです。詩や絵に感動した心は、環境にふりまわされるのではなく、自主的に環境に対面できるようになるのです。

ものを変えることのできないものなど、役に立たないむだなものだと思っている人もいるでしょう。

ところが、この直接役に立たないものが、心のビタミンのようなもので、しらずしらずのうちに、私たちの心のなかに蓄積されて、感ずる心を育てるのです。

人間が生きるためには、知ることが大切です。同じように、感ずることが大事です。

私は、みなさんの一人一人に、ほんとうの喜び、悲しみ、怒りがどんなものかがわかる人間になってもらいたいのです。

美術をしんけんに学んでください。しんけんに学ばないと、感ずる心は育たないのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この文章を作成した佐藤忠良氏は、戦後彫刻界を代表する彫刻家で、宮城県美術館、札幌芸術の森美術館、佐川美術館(滋賀県)などの美術館に記念室等が設けられています。

また、全国各地の屋外スペースで、その彫刻を目にすることができます。

現在は彫刻家としてよりも、むしろ、「おおきなかぶ」という絵本を描いたアーティストとして知られていることの方が多いようです。

東京造形大学の設立にもたずさわり、教育者としても活躍していました。

実は、私の名前をつけていただいた名付け親でもあります。

そんな忠良さん(親しみをこめて宮城の人々は特にこう呼んでいます)が、

平易な言葉で、こんなにもわかりやすくアートの必要性を教えてくれている文章に触れ、

とても感動したと同時に、こんなにアートの必要性を的確に示した文章は、他にはないのではないかと思っています。

 

【参考記事】

彫刻家 佐藤忠良 | 日本を代表する彫刻家となった7つの理由(作品・略歴)

https://sdart.jp/archives/265

 

【参考記事】

【日本を代表する彫刻家】舟越保武の生涯とその作品

https://sdart.jp/archives/603



アーティストとして生きるための3つのヒント〜アーティストのための「コンサルティング・セッション」
オフィスにアートを取り入れる5つの効果とは?