ラオコーン

 

西洋の彫刻といえば、どのようなイメージを持っていますか?

私がすぐに思い浮かぶのは、《サモトラケのニケ》や《ミロのヴィーナス》と言った「白亜の大理石像」です。みなさんも同じようなイメージをお持ちかと思います。

 

では、このイメージは、どのように定着したのでしょうか?

 

今回は、このイメージの出発点である「古代ギリシャ・ローマの彫刻」から、第二次世界大戦ごろまでの西洋彫刻までの歴史を5つの流れにそって解説します。

 

5つの西洋彫刻の流れ

 

結論から言えば、上記の5つの流れがあります。簡単にみていきましょう。

 

=======

1)古代ギリシャローマ彫刻(紀元前から4世紀ごろまで)

2)ルネサンスバロック彫刻(15世紀から19世紀)

3)近代彫刻ロダン(19世紀〜)

4)20世紀ポスト・ロダン(20世紀)

5)戦後彫刻

=======

 

このような流れになります。

 

1)古代ギリシャ・ローマ彫刻(紀元前から4世紀ごろまで)

この古代ギリシャ・ローマの彫刻がいわゆる「白亜の大理石」です。

西洋美術の世界の「美の基準」とも言える作品群が並んでいます。

この中でも、とりわけそのイメージを形成するのに役立ったのが、《ラオコーン》です。

 

この作品が制作されたのは、ローマ時代になります。

しかし、長らく地中に埋まっていたこの作品。実は掘り返されたのが、ルネサンス全盛の時代です。

そして、そこに立ち会ったとされるのが、あのミケランジェロです。

 

 

2)ルネサンスバロック彫刻(15世紀から19世紀)

神の如きミケランジェロ。師匠のギルランダイオを驚愕させたこの芸術家は、史上最も偉大な彫刻家とされます。

このミケランジェロに大きな影響を与えたのが、上述した《ラオコーン》でした。

地中から生まれ出たギリシャ彫刻のその精巧さと大胆さは、ミケランジェロに大きな衝撃を与えたのでしょう。

そして、ミケランジェロは、完成されたルネサンス期の作品に、うねりや誇張を取り入れていき作風を変化させていき、亡くなります。

その結果、マニエリスムという美術様式へと繋がっていき、また、バロック美術に時代が移行していきました。

そして登場するのが、ベルニーニです。バロックを代表する彫刻家として、ローマはベルニーニの彫刻が数多く設置されています。

 

その後、特筆すべき彫刻家は現れず、彫刻は衰退期に突入します。

 

 

3)近代彫刻ロダン(19世紀〜)

そんなムードを打ち破ったのが、近代彫刻の父と言われるオーギュスト・ロダンです。

彼の登場によって、彫刻は近代を迎えます。

その近代性は、

・彫刻のモチーフの革新

・制作方法(アセンブリングなど)の革新

によって、「内なる生命感を表出させるような革新的な表現」が実現されていきました。

 

 

4)20世紀ポスト・ロダン

ロダンの圧倒的な影響力の元、さまざまな表現が生まれていきました。

ロダンの弟子の名前を挙げればキリがないくらい、たくさんの彫刻家が名を連ねましたが、

その中でも特筆すべきは、ブランクーシです。

また、彫刻の世界に多大なる影響を与えたのは、パブロ・ピカソ、マルセル・デュシャンでした。

ブランクーシ、ピカソ、デュシャン。

彼らの偉業の詳細については、拙著をご覧いただけたらと思いますが、

・彫刻の制作方法に革新を起こした

・抽象彫刻の扉を開いた

・見るアートから考えるアートへ

と言った点で、西洋彫刻の歴史に残る存在となっています。

 

また、20世紀の動向として重要なのが、「彫刻が動き出した」という点があります。

それは↓の記事に詳細を書いていますので、ご参考くださればと思います。

動く彫刻(キネティックアート)が登場した背景とは?

 

 

5)戦後彫刻

戦後、美術の中心は、アメリカへと移行していきました。

その中で、彫刻を制作する素材もFRPと言ったプラスチック素材が用いられるようになります。

また、今までは「色」がなかった彫刻ですが、塗装技術の発展等もあり、カラフルな彫刻が登場していきました。

その代表的な存在が、デビッド・スミスやドナルド・ジャッド、クレス・オルデンバーグ、キース・ヘリングなどの抽象表現主義、ポップアート、ミニマリスムなどの動向です。

このような動向から派生していったのが、一時渡米して活躍した草間彌生などのアーティストでした。

 

ということで、今回は西洋彫刻の流れについて、簡単にご紹介しました。さらに詳しいエピソードなどは、ぜひ、拙著『西洋美術は「彫刻」抜きには語れない 教養としての彫刻の見方』をお読みいただけたらと思います。

 

動く彫刻(キネティックアート)とは?モビールとの違いやその歴史を解説!
ブロンズ彫刻像やモニュメントの制作依頼・注文について|彫刻専門のアートコンサルタント