SDアート代表の堀越 啓です。

 

最近、アートの仕事だけでなく、

「企業のコンサルティングやプロジェクト・マネジメントなどもやってるよ」

ということを言うと、

 

「で、結局、あなたは何ができるの?」

 

という質問が多くなってきました。

私も自分でよくわかっていなかった(笑)ので、整理してみました。

結論から言えば、

「組織の問題を解決し、理想実現のサポートをするコンサルタント」

というのが私が得意とする仕事です。

 

アート業界で仕事をするようになったのは、2012年4月〜です。

それまでは、大学卒業後すぐに大手メーカーに入社し、

・工場での生産管理

・本社での事業企画、経営課題解決のためのプロジェクト

・全社的な採用プロジェクト・チームディレクション

・次世代ビジネスリーダー候補(MBAや経理・財務などの読み書き算盤の習得)

などを7年にわたり仕事として行ってきました。

ですので、

「ゼロをイチにすること」が非常に好きですし、全体の戦略的なプランを描くことがとても得意です。

また、ライティング、英語を含めてリーディング、契約業務、財務・経理、マーケティングなど、一通りの知識があります。

これに加え、アート業界での経験(アートの見方、売り方(百貨店など)、ビジネスモデル、美術館との仕事の進め方、感性的な経験、アーティストとの折衝、マネジメントなど)を知恵に昇華させていきました。

 

では、(アート分野以外で)どんなことができるかというと、以下のような形かと思います。

 

①コンサルティング:相談を受け、課題解決する仕事

いわゆる経営コンサルティングです。課題の洗い出し、課題解決の方向性の決定、実施方法の決定。

問題を解決するアドバイスや課題解決法の提案などのコンサルティングを行っています。

今年に入ってからは、一部上場企業(日本でも時価総額トップ10に入る企業です)から、

コンサルティングの依頼があり、主にHR分野でのコンサルティングを行っています。

私は、立体アートの世界を経験してきたその

「立体的右脳的世界観」

「課題解決型の思考」および「論理的に課題の所在を把握し、解決するロジカルシンキング」

を組み合わせた、

「立体アート思考法」

(オリジナル思考法です)を、

組織に適用し、コンサルティングを行っています。

新卒で入社した会社で、様々な研修を受け、例えば、外資系コンサルティングの思考様式などを学んできました。

この思考様式を実践し続けることによる知恵の蓄積と、

現在の仕事であるアート的感性が融合した形で、

企業に新たな価値を提案する役割を果たしています。

今はこのコンサルティングの仕事がもっとも面白いと感じています。

 

※立体アート思考法については以下に詳しく書いています。

立体アート思考法

 

②チームマネジメント:企業の人を育て、動かし、共に目標達成する仕事

私は、ヤマハの歌手の総合プロデュースをしていますが、そのプロデュースを担う個人の音楽事務所です。

この責任者として、アーティストのみならず、所属するメンバーをマネジメントするのが仕事のひとつです。

音楽事務所というと、何か特殊なことをしているような気がするかもしれませんが、

いわゆる普通の会社と違うところは少ないと思っています。

では、チームマネジメントの仕事はどのようなものがあるでしょうか?

・ Vision策定→目標へのブレークダウンおよび目標設定

・ 目標達成のためのマインドセットの設定、浸透および行動計画の策定

・ 実行および結果の測定、検証

・ 次のアクションの決定

 

つまるところ、「目標を設定し、それを達成するためにPDCAサイクルを回す」ということを日々行っています。

私はさらに、この「PDCA」ヲ

「R-ViG-PDCA」

というコンセプトにシンカさせ、このフレームワークの元、チーム・マネジメントを行っています。

このようなマネジメント方法に加え、

最新のITツールやシステムを導入し業務効率化を図るのはもちろんのこと、

リモートワークや時間にとらわれない働き方など、多様な働き方を推進しています。

結果、

「納期および成果のみを追求したマネジメント方法」

へと昇華し確率していきました。

おそらく、日本でも最先端の働き方を実現しているのではないかと自負しています。

 

③コーチング、ファシリテーション:経営者の意志を引き出し、メンバーに浸透させ、行動に移すサポート

ボイストレーニングスクールの売上向上のプロジェクトを行っていた際に私が主な役割として行っていたのが、

経営者のコーチングおよびその意志の浸透のためのファシリテーション

でした。

コーチングを行い、経営者の経営の方向性を引き出し決定していくとともに、戦略策定を行っていきました。

その上で、決定した方向性を、メンバーとどのように共有していくかを検討し、実行に移していきました。

実行に移していく中でも最も重要だったのが、「対面でのチーム・ミーティング」でした。

メンバーとの意志共有、行動計画の策定などをメンバーすべてが納得して行う必要があるからです。

そこで私は、ミーティングを効果的な場にするための、アジェンダ設定、議論展開の方法、場作り、根回しなど、様々な要素を組み入れ、その場をガイドしていくという「ファシリテーション」を行っていきました。

これにより、チームの意志統一を図ると共に、仕組み化、チェックシステムの導入など、

各自が働きやすく、成果を上げやすいシステムをゼロから構築していきました。

このようにひとつの仕事で様々な役割を果たす必要が出てきます。

それらを一気通貫で行うのが私の得意技であり、とてもやりがいを感じる仕事です。

 

以上が私がこれまでやってきた、アート分野以外での仕事です。

では、このような仕事を進めていく上で、どのようなスキルを私が保有していて、それをどのように生かしてきたかをランダムに羅列したいと思います;

 

財務諸表の分析:損益計算書(P/L)、貸借対照表(B/S)、キャッシュフロー計算書(C/F)の分析および課題洗い出し

会社員時代に、MBAコースの一環で、財務諸表の分析を数多く行いました。実際のコンサルティングを行う際にはこの財務諸表分析能力は不可欠です。また、会社経営者としてこのスキルが身についていないと、客観的に経営状況を判断できないため、当然のスキルとも言えます。

 

税や投資関連の対応:金融商品および美術品の購入による資産ポートフォリオ形成サポート

私の人脈には金融関係の人が多く、その影響で、私自身も10年以上、株式や投資信託などの金融商品に投資してきました。また、主要事業がアート事業ですので、当然、資産形成や節税の観点からの美術品購入についても総合的にサポート可能です(ただし、弊社の税理士や弁護士にも見解を持ってオーソライズしてもらいながら進めますので、私の独断ではありません)。

※税と美術品の関係については、以下の過去記事をご参照ください。

美術品の減価償却/美術品を経費で購入する方法

 

法律関係の対応:契約書の点検および問題点の洗い出し、事業インパクトの算出など

簡単な契約書チェックや、問題点の洗い出しなどは数多く行ってきました。かつて、条約条文(英語)の翻訳、それに基づく分析などを行っていたので、海外の契約関係の文書についても対応の方向性を打ち出すことが可能です。

特に、当たり前ですが、美術関係の契約については経験が豊富です(こちらも、最終的には弁護士の見解をもって進めます)。

 

マーケティング:商品開発、既存商品の売上アップ拡大など

マーケティングは、企業活動の中でも最も重要な機能のひとつを担っていますので、私も自ら会社を経営していく中で最も学んだ部分ですし、トライアル&エラーを何度も繰り返してきた分野です。

特に、私たちが扱うのは美術品という高額商品です。その経験を生かしたハンズオンのコンサルティングを行っています。

例えば、私はあるスクール事業について、ハンズオンでコンサルティングを行ってきましたが、WEBサイトの改善やSEO対策、広告戦略の決定、適切なシステムの調査・導入などを通じて、1年で売上を5倍程度に伸ばすことができました。

また、その売上を単発で実現するのではなく、システム構築や仕組み化することにより、継続的な売上アップを実現していきました(実際2年が経った今、売上は8〜10倍になっています)。

このような既存商品へのコンサルティングに加え、

新規に商品を企画した際のマーケティング戦略の立案や販売方法の提案なども行っています。

 

ビジョン策定〜戦略、戦術の立案:ビジョン、ミッション、戦略、戦術、作戦

このあたりも、特に中小企業の財務状況等を見て、実現可能性が高い地に足がついた戦略提案を行っています。

 

私のメイン事業はアートに関わることですが、例えば、展覧会の企画については、

・ニーズの発掘、企画書の作成(マーケティング)

・美術館への提案(セールス)

・展覧会の全体オーガナイズ(調整および全体の動き、プランの策定)

・展覧会の実施支援(広報関連の対応や問題発生時の対応など)

といった「俯瞰的に物事を遂行していく仕事の仕方」が不可欠です。

すなわち、高いレベルでの戦略性や実務の遂行力が求められますし、

広い範囲で仕事を見る必要があるため、上記のようなスキルが日々求められ、研磨されていくと言えます。

そのため、その知見を他の企業に活用し、課題解決することは当然可能です。

 

以上、色々と書いてきましたが、まとめると、

経営的な視点から、企業の様々な問題をアート的思考を交えながらも、論理的に解決する存在

として今後も活躍していきたいと思っています。

 

お問い合わせや、仕事のご依頼などはこちらからお願いいたします

お問い合わせ

 

展覧会企画の仕事
立体アート思考法