SDアートの堀越です。

 

最近は、ありがたいことに、アートの仕事に加え、「アート・プロデューサー」としての仕事が増えてきました。

 

つまり、展覧会の企画やアート・プロジェクトの推進役を行うことに加え、

「組織の問題を解決し、理想実現のサポートをするプロデューサー・コンサルタント」

としての役割で仕事を行う場面が増えてきました。

 

私自身、アート業界で仕事をするようになったのは、2012年4月〜です。

それまでは、大学卒業後すぐに大手メーカーに入社し、

・工場での生産管理

・本社での事業企画、経営課題解決のためのプロジェクト

・全社的な採用プロジェクト・チームディレクション

・次世代ビジネスリーダー(MBAや経理・財務などの読み書き算盤の習得)

などを7年にわたり仕事として行ってきました。

ですので、

「ゼロをイチにすること」が非常に好きですし、全体の戦略的なプランを描くことが身にしみています。

また、契約業務、財務・経理、マーケティングなど、一通り勉強実践してきました。

これらをベースにして、アート業界での経験(アートの見方、売り方(百貨店など)、ビジネスモデル、美術館との仕事の進め方、感性的な経験、アーティストとの折衝、マネジメントなど)を積んできました。

 

※詳しい自己紹介などはメルマガでご紹介しています。よろしければ、以下よりご登録ください。

https://horikoshik.wixsite.com/power-of-art

 

詳しくご紹介しますので、ご興味のある方はお読みいただけたらと思います(長いです)。

 

①企業コンサルティング:相談を受け、課題解決する仕事

企業向けのコンサルティングを行っています。

課題の洗い出し、課題解決の方向性の決定、実施方法の決定に加え、

問題を解決するアドバイスや課題解決法の提案などを行います。

例えば、現在、一部上場企業にてHR分野のコンサルティングを行っていますが、

この場合、ある課題に対して情報を収集し、どのように分析していくかを決定し、仮説検証を行い、提案を行うという流れでコンサルティングを行います。

このようなご依頼をいただく背景に、私が「アート分野での事業を経験してきたこと」があげられるかと思います。

というのも、未知の課題に対してアプローチをしていく際には、

「サイエンス=論理思考や理性思考」が求められるのは当然ですが、このアプローチ方法のみを採用する場合、どうしても結論が「コモディティー」となり、差別性がない結論となりがちです。

しかし、この不確実性が高く環境変化が激しい中において、この「コモディティー」としての結論は急速に陳腐化していきます。

従って、サイエンスに加え「アート」が、経営や組織の課題解決、長期的な競争力の維持にとっては不可欠となります。

そこで、私がこれまでアート・プロデューサーとして培ってきた

「アート=右脳的、直感的な判断やインサイト」

が面白がられ(笑)、求められるようになってきているのかと思っています。

ユニクロにアートディレクターの佐藤可士和さんが重要なアドバイザーとして入っているのも、デザインやアートで経営のエッセンスを抽出し表現することは、企業のブランディングや競争力の向上にとって重要なことだとみなされているからであり、今後もそのような風潮は継続していくのではないかと思います。

 

 

※立体アート思考法

立体アート思考法

 

②ハンズオン型コンサルティングにおける「チームマネジメント」代行:人を育て、動かし、共に目標達成する仕事

私は、あるアーティストの総合プロデュースをしていますが、

この統括役として、アーティストのみならず、所属するスタッフをマネジメントするのが仕事のひとつです。

何か特殊なことをしているような気がするかもしれませんが、

いわゆる「普通の会社」と共通する点が多々あります。

チームマネジメントの仕事はおおよそ以下のようにまとめられると思います;

・ Vision策定→目標へのブレークダウンおよび目標設定

・ 目標達成のためのマインドセットの設定、浸透および行動計画の策定

・ 実行および結果の測定、検証

・ 次のアクションの決定

 

要すれば、「目標を設定し、それを達成するためにPDCAサイクルを回す」ということを日々行っています。

私はさらに、この「PDCA」を

「R-ViG-PDCA」

というコンセプトにシンカさせ、このフレームワークの元、チーム・マネジメントを行っています。

このようなマネジメント方法に加え、

最新のITツールやシステムを導入し業務効率化を図るのはもちろんのこと、

リモートワークや時間にとらわれない働き方など、多様な働き方を推進しています。

結果、

「納期および成果のみを追求したマネジメント方法」

へとたどり着きました。

今後、フリーランスがますます増えていくかと思いますが、毎日同じ場所に通勤して同じような人たちとだらだらと仕事をするというスタイルではなく、

究極的には、「時間通りに要求された品質のサービスを届けること」ができれば、仕事は成り立ちます。

今は様々なITツールが発達し、SkypeやZoom、Chatwork、Googleドキュメントなど、働き方の多様性を支援する環境が整ってきています。

従って、このようなマネジメントスタイルが今後ますます取り入れられていくのではと思います。

 

③経営者コーチングや会議ファシリテーション型コンサルティング

ある企業の売上向上のプロジェクトを行っていた際に私が主な役割として行っていたのが、

経営者のコーチングおよびその意志の浸透のためのファシリテーション

でした。

経営者の経営の方向性を引き出し決定していくとともに、戦略策定を行ってきました。

また、その戦略を戦術レベルに落とし、実際に現場で実行するまでの細かな設定を行うことも大きな仕事の一つでした。

しかし、これらに加え、さらに重要なのは、

「経営者をサポートする相談役としての役割」

です。

経営者は、よく、「孤独」と言われます。

それは様々な経営者を見ていると感じますし、私もひとりの経営者として同様の状況になることがあります。

その際に、実際に経営を経験している者が、事業を行う経営者に寄り添い、良き相談役となること。

これも私のライフワークのひとつかと思い邁進しています。

 

 

以上が私がこれまでやってきた、アート分野以外での仕事です。

 

ここまで「アート以外の仕事」として書いてきましたが、とは言え、実はアート分野だろうとそうでなかろうと、仕事の本質は変わらないと思っています。

 

例えば、展覧会の企画については、

・ニーズの発掘、企画書の作成(マーケティング)

・美術館への提案(セールス)

・展覧会の全体オーガナイズ(調整および全体の動き、プランの策定)

・展覧会の実施支援(広報関連の対応や問題発生時の対応など)

といった「俯瞰的に物事を遂行していく仕事の仕方」が不可欠です。

すなわち、高いレベルでの戦略性や実務の遂行力が求められますし、

広い範囲で仕事を見る必要があるため、上記のようなスキルが日々求められ、研磨されていくと言えます。

そのため、その知見を他の企業に活用し、課題解決することは可能です。

 

以上、色々と書いてきましたが、まとめると、

経営的な視点から、企業の様々な問題をアートとサイエンスの両輪から課題解決する存在

として今後も様々なニーズに応えらえるように自ら学び、研鑽していきたいと思っています。

 

アート力を高めるメルマガ

【展覧会企画の仕事】美意識をつくる仕事
【美意識を鍛える方法】立体アート思考法